金融円滑化への対応について

金融円滑化対応方針 ご相談窓口のご案内

金融円滑化対応方針

 大垣共立銀行(以下「当行」といいます)では、従来から「地域に愛され 親しまれ 信頼される銀行」を経営の基本理念として、適切なリスク管理体制のもと、中小企業者や住宅ローンをご利用のお客さまに対する円滑な資金供給を最も重要な社会的使命の一つと位置づけて取り組んでまいりました。
 中小企業金融円滑化法は、平成25年3月末に法期限が到来いたしましたが、当行の金融円滑化に向けた対応方針は何ら変わるものではございません。
 お客さまに当行の金融円滑化に対する取組姿勢をご理解いただくとともに、これまで以上に金融サービス業としての金融仲介機能を発揮し、お客さまからの各種ご相談、お借入れ条件の変更や経営改善支援等のお申込みに迅速かつ適切にお応えするために取組方針と管理体制の概要をここに公表いたします。

1.取組方針

  • お客さまからの新規のお借入れ、お借入れ条件の変更や経営改善支援等のお申込みやご相談があった場合には、お客さまからのご要望を真摯におうかがいし、お客さまのご事情をきめ細かく検討させていただいたうえで、できる限り迅速かつ適切にお応えいたします。
  • お客さまからのお借入れ、お借入れ条件の変更や経営改善支援等のご相談やご契約の際には、お客さまにご納得いただけるように、詳しく、丁寧に説明を行うように心がけます。
  • お客さまからのお借入れ、お借入れ条件の変更や経営改善支援等のお申込みにお応えできない場合やお申込みの条件と異なる場合には、できる限りその理由についてお客さまにご納得いただけるように、詳しく、丁寧に説明を行うように心がけます。
  • お客さまからいただきましたご意見やご要望等につきましては、真摯に受け止め、十分検討させていただき、業務の改善に努めます。
  • お客さまからお借入れ条件の変更や経営改善支援等のお申込みがあった場合には、当該お申込み内容の記録を徹底してまいります。

<中小企業者のお客さま>

  • お客さまからの新規のお借入れ、お借入れ条件の変更や経営改善支援等のお申込みやご相談があった場合には、お客さまの事業の特性や状況について把握し、お客さまの事業の改善や再生の可能性を十分検討させていただいたうえで、できる限り迅速かつ適切にお応えいたします。
  • お客さまの経営改善計画の策定や実践等を積極的に支援するとともに、お客さまからのご同意をいただいたうえで、当行以外の金融機関や信用保証協会、中小企業再生支援協議会などの外部機関と緊密に連携して、できる限り迅速かつ適切にお応えいたします。
  • お客さまの表面的・形式的な事象のみではなく、お客さまの事業の特性や状況を適切に見極めるために、行員の目利き能力の向上や人材育成に努めます。

<住宅ローンをご利用のお客さま>

  • お客さまからのお借入れ条件の変更等のお申込みがあった場合には、お客さまの財産や収入の状況等を十分考慮し、お客さまの将来にわたる無理のないご返済に向けて、できる限りきめ細かくご相談にお応えいたします。
  • お客さまが当行以外の金融機関や住宅金融支援機構とお取引がある場合には、お客さまからのご同意をいただいたうえで、当該機関と緊密に連携して、お借入れのご返済の負担をできる限り軽減するように努めます。

2.管理体制の概要

(1)取締役会の役割
取締役会は、基本方針に則り、金融円滑化に必要な管理(以下「金融円滑化管理」といいます)に関する重要な事項を決定するとともに、金融円滑化統括責任者および金融円滑化対応プロジェクトチーム等から金融円滑化の対応措置や管理状況に関する重要な事項の報告を受けて、対応策等を適宜・適切に決定します。
(2)金融円滑化統括責任者の役割
金融円滑化統括責任者は審査部の担当役員とし、金融円滑化管理の全般を統括します。
(3)金融円滑化対応プロジェクトチーム等の設置
金融円滑化統括責任者の下、金融円滑化担当部署の各部長を構成メンバーとしたプロジェクトチームを設置し、金融円滑化に関する部署間の連携・情報伝達を行い、金融円滑化に関する諸施策を推進してまいります。
また、金融円滑化対応プロジェクトチームの下、審査部を事務局とし、審査部、支店部、海外事業推進部の各部が連携した中小企業経営力強化支援法プロジェクトチームを設置し、取引先中小企業へ一層質の高いコンサルティングを実施いたします。
(4)営業店等における体制整備
営業店等の各所属長を金融円滑化管理責任者、融資担当役席ならびにローンプラザの店長を金融円滑化担当者とし、金融円滑化統括責任者および金融円滑化対応プロジェクトチームを構成する各部署からの指示のもと、営業店等における金融円滑化の管理・整備を図ります。
(5)金融円滑化を適切におこなうための各種体制
当行では、以下の通り、管理体制を整備しております。

3.金融円滑化への対応状況

ページの先頭へ

金融円滑化に関するご相談窓口のご案内

 当行では、お客さまからの新規のお借入やご返済計画の見直し、および各種ご相談に以下のとおり、迅速かつ柔軟に対応いたします。
 営業店窓口またはフリーダイヤルなどでお気軽にご相談ください。

  • 中小企業者のお客さまにおかれましては、ご要望に応じて、本部専門スタッフが経営改善に向けた事業計画策定についてお取引店、または貴社に出向いてお手伝いいたします。
  • 住宅資金ご利用のお客さまからのご返済計画見直し等のご相談には、ローン専門スタッフが土曜日・日曜日・祝休日でもお応えすることが出来ます。
    他の銀行の住宅ローンをご利用のお客様でも、ご相談を賜ります。
  • 関連会社のOKB総研においても、各種経営コンサルティングを承ります。
1.営業店等の相談窓口
金融円滑化管理責任者および金融円滑化担当者を配置し、各種ご相談を承ります。
2.ローンプラザ、エブリデープラザ
土曜日・日曜日・祝休日も住宅ローン等に関するご相談を承ります。
※一般の店舗と営業日・営業時間が異なりますので、ご確認のうえご来店願います。
3.本部相談窓口(フリーダイヤル)
中小企業者さまご相談フリーダイヤル
0120-755-517  受付時間  9:00~17:00(平日)
住宅ローンご相談フリーダイヤル(住宅ローン119番)
0120-8888-23 音声ガイダンスが流れましたら、サービス番号「1」「4」「2」を押してください。
受付時間  9:00~17:00(平日)、10:00~17:00(土・日・祝休日)
※上記以外の時間帯は自動音声による予約受付となります。
4.苦情相談窓口(有料通話)
コンプライアンス統轄センター お客様サービス課
0584-74-5388  受付時間  9:00~17:00(平日)
5.財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口
財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口

以上

ページの先頭へ