重要なお知らせ

盗難通帳・証書にかかる被害の補償について

 株式会社大垣共立銀行では、平成20年2月19日に全国銀行協会より公表された申し合わせ「預金等の不正な払戻しへの対応について」を踏まえ、平成20年8月1日より、個人のお客さまの盗難通帳・証書による預金等の不正な払戻しの被害について、お客さまに重大な過失がある場合を除き、次のとおり補償を開始いたします。
 なお、不正な払戻しを未然に防止するため、当行本支店において追加的に本人確認をお願いする場合がありますのでご了承願います。

  • 1.個人のお客さまが盗難通帳・証書により預金の不正払戻しの被害に遭われた場合には、次のすべてに該当することを前提に、原則として通知があった日から30日前の日以降になされた払戻しにかかる損害を補償します。
    • (1)通帳・証書の盗難に気付いてからすみやかに当行に通知していただくこと
    • (2)当行の調査に対して十分な説明を行っていただくこと
    • (3)警察に被害届を提出していただくこと
  • 2.お客さまに過失があることを当行が証明した場合の補償金額は4分の3となります。
  • 3.前二項は通帳・証書の盗難から2年を経過する日後に通知をいただいた場合には適用されません。
  • 4.次のいずれかに該当する場合は被害補償の対象とはなりませんので、ご注意ください。
    • (1)お客さまに重大な過失があることを当行が証明した場合
    • (2)お客さまの配偶者、二親等内の親族、同居の親族その他の同居人または家事使用人によって払戻しが行われた場合
    • (3)お客さまが被害状況の説明において重要な事項について偽りの説明を行った場合

以上

【お問い合わせ先】

(フリーダイヤル):0120-667-977

(受付時間):24時間・年中無休

盗難された通帳等を用いた預金の払戻しによる被害の補償に関する規定(詳細はこちら

【盗難通帳等被害においてお客様の重大な過失または過失となりうる場合】(詳細はこちら

ページの先頭へ