重要なお知らせ

偽造・盗難キャッシュカードにかかる被害補償について

偽造・盗難カード対策の実施~お客様のご預金をお守りするために~

大垣共立銀行では「個人のお客様の偽造・盗難キャッシュカード等の被害に対する補償」を実施しております。
この補償は、平成18年2月10日に施行された「預金者保護法(注)」の趣旨を取り入れ、幅広くお客様を保護するものとなっております。

(注)正式名称「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」

1.カード規定の改定

預金者保護法に沿って、当行カード規定を改定し、偽造、変造、盗難による個人キャッシュカードの被害に対する補償を行います。ただし、お客様の重大な過失または過失がある場合は、補償対象外または補償減額となる場合がございます。

詳細はこちら

2.偽造カード等による被害への対応

偽造または変造されたカードまたは通帳による被害については、ご本人に故意または重大な過失があることを当行が証明をした場合を除き、払戻しそのものが無効である旨をカード規定に明記しています。
なお、補償に際しては、カード、通帳および暗証番号の管理状況、被害状況、警察への通知状況等について、当行の調査にご協力していただく必要があります。

3.盗難カードによる被害への対応

  • (1)盗難カードによる被害について、次のすべてに該当することを前提に、原則として通知があった日から30日前の日以降になされた払戻しにかかる損害を補償します。
    • カードの盗難に気付いてからすみやかに当行に通知していただくこと
    • 当行の調査に対して十分な説明を行っていただくこと
    • 警察に被害届を提出していただくこと
  • (2)なお、ご本人に過失があることを当行が証明した場合の補償金額は4分の3となります。
  • (3)ただし、カードの盗難から2年を経過する日後に通知をいただいた場合には、盗難カードによる被害補償の対象とはなりません。
  • (4)また、次のいずれかに該当する場合は被害補償の対象となりませんので、ご注意ください。
    • ご本人に重大な過失があることを当行が証明した場合
    • ご本人の配偶者、二親等以内の親族、その他の同居人または家事使用人によって払戻しが行われた場合
    • ご本人が被害状況の説明において重要な事項について偽りの説明を行った場合

4.お客様の重大な過失または過失について

重大な過失または過失の具体的な事例をお示しするものです。

キャッシュカード・通帳の管理には充分お気をつけください。

詳細はこちら

「カード規定」をご希望のお客様は、最寄の本支店の窓口へお申し付けください。

以上

ページの先頭へ