OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

OKBの仕事

若手行員インタビュー

いつも笑顔を忘れず、支店全体を明るくしたい。一般職 東浦 梨乃 入行1年目(取材時)文化創造学部卒

いつも笑顔を忘れず、支店全体を明るくしたい。

総合職 東浦 梨乃
入行1年目(取材時)教育学部卒

OKB大垣共立銀行に就職した理由

最初は販売業を中心に就職活動をしていました。銀行には固いイメージを持っていて私には合わないと思っていたのですが、OKB大垣共立銀行のホームページを見て考えが変わりました。驚いたのは「銀行はサービス業」という言葉です。その言葉を具現化するように、全国初の取り組みをたくさん行っていて、それらすべてがお客さまのためであることを知り、ぜひこの銀行で働いてみたいと思うようになりました。

新入行員研修会の思い出

お札を数える技能を鍛える「札勘(さつかん)」の研修が最も印象に残っていますね。夜遅くまでみんなで練習して、あのときに同期の間に団結力が生まれました。みんなで合格できたときは本当にうれしかったです。

仕事内容

1年目はさまざまな係を経験し、テラーになるために必要な銀行業務全体の知識を仕事を通じて学びます。現在の担当は預金係の事務。紛失届や住所変更などの諸手続きを行っています。

1日の流れ

8:45
開店の準備。端末を立ち上げ、机の上を整理。
9:00
開店。行内郵便が届くので仕分けして係の方に渡す。
10:00
住所変更に関する事務処理。
11:00
お客さまからの電話に対応。
12:00
昼食。先輩とお弁当を食べる。
13:00
昼食。先輩とお弁当を食べる。
15:00
閉店。本日扱った取引・手続きを確認。
16:30
本部に送る書類を整理。
17:15
終業。

趣味

海外旅行が好きで、つい最近も連続休暇を利用して同期と一緒にハワイに行ってきました。写真は卒業旅行でグランドキャニオンに行ったときのもの。卒業旅行ではアメリカのラスベガスとニューヨーク、イタリアのローマ、フィレンツェ、ミラノ、ベネチアに自分たちで企画して行きました。いろいろな国を見るのは楽しい!

自分を一言で表すと

『明朗快活』

私が生まれたときに、両親が「明るい笑顔と思いやりを大切に」という言葉を私におくってくれました。そのような人になれるよう、いつも笑顔を忘れず、前を向いて歩いていくことを日々心がけています。

東浦梨乃のホンネ

ギャップを感じたこと

良い意味でのギャップと言いますか、想像していた以上に親しみやすい人が多くて、楽しく仕事ができています。支店内はチームとしての一体感があると思います。

印象に残っている出来事

同僚に「東浦さんがいると、支店が明るくなるね」と言われたことがうれしくて印象に残っています。私はいつも明るく、笑顔でいることを心がけています。テラーになったときも、お客さまから同じ言葉をいただけるようにがんばりたいと思います。

今の目標

まずは支店の誰からも「東浦さんになら安心して任せられる」と思ってもらえるようになることが当面の目標です。勉強して知識を身につけるとともに、先輩の仕事ぶりを見ながら良いところをどんどん吸収していきたいと思います。先輩を見ていてすごいと思うのは、いつも周りが見えていること。だから同僚でもお客さまでも、困っている人がいたら「サッ」と助けられるんです。私も先輩のような視野の広さを身につけたいですね。

pagetop