OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

OKBの仕事

行員の声

幸せそうな表情を見ると「お手伝いできてよかった」と心から感じます。

幸せそうな表情を見ると「お手伝いできてよかった」と心から感じます。

ローン一般職
松浦 香織
入行7年目(取材時)[卒業学部]経済学部

私の仕事

「ローンプラザ」で住宅ローンをはじめとする各種ローンのご相談にお応えしています。住宅ローンと一口にいっても、その種類はさまざまです。お客さまの年代、家族構成、ライフプランなどに合わせて、最適なプランをご提案しています。
同僚はあたたかい人ばかりで、忙しい時も笑顔の絶えない職場です。こうしたお店の雰囲気も、お客さまへのサービスの一つと考えています。実際、お客さまから「雰囲気がよかったからOKB大垣共立銀行を選んだんだよ」という言葉をいただいたこともあります。私たちにとってうれしい言葉です。

仕事の達成感を感じる時

家づくりは、人生の中でも大きなイベントの一つ。一生に関わるといっても過言ではありません。そのお手伝いができることに大きなやりがいを感じています。お客さまとは長いおつきあいになります。お客さまが住まいの完成後にご来店くださることもあります。新居での生活の様子をお伺いし、幸せそうな表情を見ると「お手伝いできてよかった」と心から思います。
また、私は女性を応援するための多彩な活動を展開している「エルズプロジェクト」に参加したことがあり、商品開発に携わるという貴重な機会は、お客さま満足について考える上での視野を広げることにつながっていると思います。

今、挑戦していること

住宅ローンの相談には、保険や税金の話も出てきます。また、資産運用の話に及ぶこともあります。ローン商品のことはもちろん、お客さまのライフプラン全般のご相談にお答えできるようになるために、知識を深めていきたいですね。
資格の面では、FP(ファイナンシャル・プランニング技能検定)や宅建(宅地建物取引主任者)に挑戦したいと考えています。

入行希望の方に一言

軸を持って就職活動を進めることが大切だと思います。私が軸にしていたのは接客業。もともと人と話すのが苦手だったこともあり、克服したいという思いから志望しました。
最初は金融業界に興味を持っていたわけではないのですが「サービス業」を掲げているOKB大垣共立銀行は私の希望にぴったりでした。サービスの本質を追求したい方はぜひ当行へ!

1日の流れ

9:45
始業。
当店は仕事帰りのお客さまにも対応できるよう午後6時まで営業しているため、始業時刻は一般のお店よりも遅くなっています。
10:00
午前中は事務処理や書類の作成。
11:00
早めの昼食。
12時から13時に食事をとるのは避けるようにしています。お昼休みの時間帯に連絡したいというお客さまが多いからです。
12:00
お客さまに電話。
ローン契約に必要な書類について連絡。
13:00
お客さま来店。
住宅ローンの相談に対応。じっくりとお話をします。
17:00
ローン実行書類の作成。
18:15
終業。

私の休日

普段のオフは友人とランチに行ったりすることが多いですね。おいしいものを食べるとリフレッシュできます。
連続休暇は、同期入行の行員と旅行によく行きます。広島、四国、グアム、沖縄……いろいろと行きました。

pagetop