OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

OKBの仕事

行員の声

地域経済を元気にすることは、私たちの使命。

地域経済を元気にすることは、私たちの使命。

経営サポート総合職
吉川 雄一郎
入行6年目(取材時)[卒業学部]経済学部

私の仕事

「経営革新サポートセンター」に所属しています。このセンターは、経営に関する悩みを抱えている企業を対象に、経営課題の抽出、改善に向けた再生計画の策定、計画実現のためのご提案など、経営改善に向けたサポートを行う役割を担っています。
銀行が企業に対してできることは、融資だけではありません。今の銀行に必要なことは2つあります。1つは、コンサルティング機能を発揮すること。もう1つは、地域経済を元気にすることです。このセンターは、その2つを達成する上で大切な役割を担っています。

仕事の達成感を感じる時

提案に耳を傾けてもらえるよう、何度もお客さまを訪問し対話を重ね、信頼関係を構築します。こうした日々の活動が実り、お客さまに経営改善の必要性を認識していただき、具体的な改善策へ進めることができた時は、大きなやりがいを感じます。
私は以前、異業種研修制度を利用してメーカーで1年間働いたことがあります。研修先としてメーカーという業種を選んだのは、渉外係を担当していた時にメーカーのお客さまが多かったからです。自分がメーカーで働くことで、お客さまの気持ちをより深く理解できるようになると考えました。メーカーの仕事を体験できたことは、現在、経営改善の計画を考える上でとても役立っています。

今、挑戦していること

「考えが狭くなったらいけない。幅広い視野で考えることが大切だ」と、いつも先輩から言われています。また、常にいろいろなことに興味を持つことが大切だと考えています。
たとえばスーパーに行った時に加工食品のコーナーで少し変わった容器を見つけたとします。このような時は後で「この容器はどのようにつくっているんだろう」と調べたり、「この技術はあのお客さまのビジネスにつながるのではないか」と考えたりします。ふと感じた興味や疑問をそこで終わらせないよう心がけています。

入行希望の方に一言

今までの人生の経験を大切にしてください。あなただけの個性を発揮してがんばってほしいと思います。新しい発想は、さまざまな個性の融合から生まれます。同じタイプの行員ばかりよりも、いろいろな個性の行員がいる方が、OKB大垣共立銀行にとって良いと思います。

1日の流れ

8:45
「経営サポートセンター」は審査部の中にあります。各営業店から審査部に届いた稟議書を仕分けます。
9:30
稟議書の審査。
業界や会社について調べます。
10:30
稟議書の内容について疑問に感じたことなどを上司に相談しながら解決。
12:00
昼食。
同僚と食堂で。
13:00
審査部の全体会議。
融資可否の判断基準に関することなど、審査の方針について確認。
15:00
経営サポートセンター内のミーティング。
現在、経営改善に取り組んでいる企業の再生計画を検討。
17:15
終業。

私の休日

家族でショッピングモールに行ったり、子どもと一緒に近所の公園を散歩したり、という過ごし方が多いですね。写真は岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」で撮ったものです。
また、母校のアメフト部のコーチをしていますので、練習や試合を見にいくこともあります。状況に応じた戦略を考えることがアメフトの面白さです。

pagetop