OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

行員紹介

若手行員インタビュー

目標は、地域の経営者の方々から頼っていただける存在になること。総合職 相葉 亮太 入行1年目(取材時) 経済学卒

目標は、地域の経営者の方々から頼っていただける存在になること。

総合職 相葉 亮太
入行1年目(取材時)経済学卒

OKB大垣共立銀行に就職した理由

業界を絞らず、営業職という職種に就きたいと漠然と考えていました。面接においては、「まだ業種については迷っています」と自分の気持ちを正直に話しました。面接官の方は、自分の思いをしっかりと聞いてくださり、さまざまな話をしていただきました。自分で気付いていない自分の個性や仕事への思いを気付かされました。そのような中、「君は銀行に向いていると思う。ぜひ一緒に仕事がしたい」と言っていただけたのです。このときに一気に志望度が上がりました。自分をしっかり見てくれて、ありのままの自分を評価していただけたことがとてもうれしかったですね。

新入行員研修会の思い出

合宿形式の研修を通じて、「社会人として」というよりも、さらに一段ハードルの高い、「銀行員として」の振る舞いをたたき込まれた期間でした。また、同期と寝食をともにすることで、結束や絆が生まれました。「このつながりは、ずっと大事にしていきたい」と思いました。今はみんないろいろな支店に配属されていますが、時々集まって飲みに行きます。

仕事内容

融資係の一員として、先輩の稟議書作成を手伝うほか、自分でも稟議書を作成しています。その他、お客さまのお借入・ご返済に関する業務も行っています。先輩が業績の数字をどのように読み解いているのか、稟議書にどのような文章を書いているかを見て、融資係の仕事を学んでいます。

1日の流れ

8:45
仕事に必要な書類を金庫から出す。
9:00
開店。本部からきた書類の整理。
10:00
稟議書作成に必要な書類をまとめる。
11:00
融資の窓口にみえたお客さまへの対応。
12:00
お昼。食堂で先輩と話しながら弁当を食べる。
13:00
お客さまからの電話に対応。
14:00
稟議書作成に必要な書類をまとめる。
15:00
閉店。本部に送付する書類を準備。
16:00
翌日の仕事の準備。
17:15
終業。

趣味

大学時代は「開発経済学」がテーマのゼミに所属していました。ゼミ活動の一環としてフィリピンに行き、現地の学生と交流する機会があったのですが、そのときに海外の方とふれあう楽しさを知りました。以来、海外旅行が趣味です。写真は卒業旅行のときのもので、入行後も連続休暇を利用してタイに行きました。

自分を一言で表すと

『責任感』

振り返ると、中学時代の生徒会長に始まり、部活のキャプテン、大学時代はゼミ長を務めるなど、まとめ役をずっと担ってきました。自分のことだけを考えるのではなく、チームのために責任感を持って取り組むタイプだと自分では思っています。頼られたり、期待されたりする立場にはプレッシャーもつきものですが、その方がやりがいを感じます。

相葉亮太のホンネ

ギャップを感じたこと

想像していたよりも、あたたかみのある雰囲気の人が多いと感じています。最初の頃は、支店長が気軽に話しかけてくださることに驚きました。銀行の支店長と話せるのは役職の高い人だけで、新人行員が話す機会はそんなにないと思っていましたから。仕事の後も先輩と飲みに行ったりと、普段からコミュニケーションをとってくださるので、質問もしやすくてありがたいですね。

印象に残っている出来事

融資係としての仕事のほか、ATMコーナーに立ってお客さまに声をかけ、「手のひら認証ATM『ピピット』」の利用登録をお勧めする仕事を行っていた時期があります。最初の頃は、なかなかお話を聞いていただけなかったり、説明しても利用登録をしていただけなかったりと、うまくいきませんでした。しかし、上司の方から「雰囲気が固すぎるから、もっと親しみやすい感じで話しかけてごらん」というアドバイスを受けて勧め方を変えたところ、初めて利用登録していただくことができたんです。あのときは本当にうれしかったですね。

今の目標

自立した行員になることが目標です。すぐにはなれないと思いますが、日々、一つひとつの仕事を経験として積み重ねていく中で、一人前になることを目指しています。お客さまからも、先輩・後輩からも、信頼される存在になりたいですね。そして地域の経営者の方々から相談していただけるような仕事ができたらと考えています。

pagetop