OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

行員紹介

行員の声

引き出しの多い行員になりたい。

引き出しの多い行員になりたい。

渉外総合職
寺田 穣
入行5年目(取材時)[卒業学部]経済学部

私の仕事

渉外担当です。法人・個人のお客さまを訪問し、融資や金融商品をご提案しています。また、新たなお客さまの開拓にも取り組んでいます。いつも心がけていることは「笑顔で元気に」。好印象を持っていただくことが、お客さまから何でも相談してもらえるような信頼関係を築くための第一歩です。
OKB大垣共立銀行は岐阜に本店を置く地方銀行ですが、全国初の商品・サービスを次々に始めたり、顧客満足度の高い銀行として全国1位に選ばれたこともあり、愛知県においても高い知名度があります。初めてお会いするお客さまでもOKB大垣共立銀行についてはご存知の方が多いので、新規開拓にも取り組みやすいです。

仕事の達成感を感じる時

法人のお客さまに対しても、個人のお客さまに対しても、「メインバンクになることができた」と実感できた時に達成感を感じます。たとえば、他行をメインバンクにしていた法人のお客さまのもとへ何度も足を運んで信頼関係を築き、少しずつ実績を積み重ね、最終的に当行をメインバンクにしていただく。渉外担当として最もうれしい瞬間の一つです。
当行は先進的な新品・サービスで知られているだけに、私たち渉外担当に対する期待の大きさも感じます。「他行では無理だったけど、OKB大垣共立銀行さんならできるのでは?」というお問い合わせもいただきます。私たちも期待以上のものを提供できるように努めています。

今、挑戦していること

法人のお客さまに対して融資だけでなく、事業承継など、より幅広い課題解決に貢献できるようになりたいと考えています。寺田に依頼すれば、何とかしてくれるだろう――そう思ってもらえるような引き出しの多い行員になりたいです。
今はまだ法人のお客さまの課題を見つけ出すことの難しさを感じています。また、その解決方法を考える能力も不足していると思います。しかし、そこが他行と差をつけ、選ばれる銀行になれるかどうかのポイント。研修などを通じて知識の幅を広げ、また、ソリューション部門やシンクタンク部門との連携を密に行うことを常に考えています。

入行希望の方に一言

私は当行の新しいことにチャレンジしていく姿勢に惹かれて入行しました。こうした姿勢は、入行してからも感じます。前向きにチャレンジしていく。次に進むために、あらゆる方法考える。そんな姿勢を持って仕事に取り組んでもらえたらと思います。

1日の流れ
8:45
出社。 通勤途上に、経済新聞や一般紙などを読みます。
始業後、渉外係でミーティング。今日一日の訪問スケジュールを立てます。
9:00
午前の営業活動。
午前中は法人のお客さま数社を訪問。集金、為替の振込み、税金の支払いなどに対応。
12:00
支店に戻る。書類を各係の事務担当に渡し、処理を依頼します。
12:30
昼食。
食堂でお弁当を食べます。
13:30
午後の営業活動。
法人のお客さまの融資に関する相談に対応。じっくりと話す案件は午後にアポをとることが多いです。
15:00
個人のお客さまの資産運用相談に対応。
17:00
支店に戻り、持ち帰った書類の整理。提案資料を作成。
19:00
終業。
私の休日

熱帯魚を飼っています。きれいな色の魚たちが泳いでいる姿を見ていると癒されますね。休日には、水槽の手入れをしたり、熱帯魚のショップに行ったりします。
長期休暇には、旅行に行きます。写真は沖縄に行った時のものです。

pagetop