OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

行員紹介

若手行員インタビュー

お客さまのニーズをキャッチできるテラーを目指します。一般職 筒井麻友 入行1年目(取材時)教育学部卒

お客さまのニーズをキャッチできるテラーを目指します。

一般職 筒井 麻友
入行1年目(取材時)地域科学部卒

OKB大垣共立銀行に就職した理由

OKB大垣共立銀行の説明会に参加した際、「お客さま目線」という言葉を何度も耳にしました。そして言葉だけではなく、お客さまの「こういうサービスがあったら便利」「銀行がこうだったらうれしい」という思いをキャッチして、実際に形にしていく姿勢に魅力を感じました。このような環境で私もお客さまに喜んでいただける仕事がしたいと思ったことが、OKB大垣共立銀行を志望した理由です。

新入行員研修会の思い出

社会人になることを実感した研修でした。敬語の使い方や電話の受け方、現金の取り扱い方だけでなく、基本的な挨拶やマナーなど社会人として当たり前のことが私たちにはできていなくて、きめ細かに指導を受けました。この研修で教わったすべてが今、役に立っていると実感しています。

仕事内容

為替係を担当し、お客さまからの振込、手形の取立などに関する業務を行っています。また、銀行内で扱う書類の仕分け、本部へ発送するための整理なども担当しています。以前は預金係を担当していました。さまざまな仕事を経験しながら、銀行内の業務を覚えています。

1日の流れ

8:45
開店の準備。端末を立ち上げたり、金庫から必要な書類を出したり。
9:00
開店。行内郵便が届くので仕分けしてそれぞれの係の方に渡す。
10:00
振込の処理。
10:30
「手のひら認証ATM『ピピット』」の利用登録を受付。
11:30
お客さまに郵送する書類の準備。
12:00
昼食。先輩とお弁当を食べる。
13:00
ATM操作のご案内。できるだけ丁寧にわかりやすく。
14:00
書類の処理、伝票の整理。
15:00
閉店。本部に送る書類を整理。
16:00
翌日の仕事の準備。
17:15
終業。

趣味

休日においしいものを食べに行くのが好きです。カフェだったり、ラーメンだったり、ジャンルは問いません。「おいしい」はストレス解消になります。写真は近所のカフェのパンケーキです。ボリュームがあるので、家族で行って分け合って食べます。

自分を一言で表すと

『粘り強い』

負けず嫌いな性格です。取り組もうと決めたことに対しては、途中で壁に突き当たっても、簡単にあきらめることはありません。乗り越えようと努力します。学生時代のサークルでもアルバイトでも、そうしてきた自負はあります。これからも仕事の中で粘り強さを発揮していきたいと思います。

筒井麻友のホンネ

ギャップを感じたこと

銀行の仕事は、想像していたよりも「時間」への意識が求められます。お客さまをお待たせしないように、というのはもちろんですが、たとえば振込の処理についても、締切時間が銀行によって決まっていたりします。正確さとともに迅速さが求められる仕事であることを、あらためて実感しています。

印象に残っている出来事

入行したばかりのころ、間違いをしてお客さまにご迷惑をかけてしまったことがありました。そのときに先輩がカバーしてくれたことが印象に残っています。間違いの原因はちょっとした確認不足でした。この手続きにはもう慣れてきた、と感じていた矢先の間違いでした。いつも行っている手続きでも、慎重に確実に行うことが大切だと実感しました。

今の目標

今は教えていただいてばかりですが、周りの方をフォローできるようになりたい。まずは勉強して知識をつけて、できる仕事を増やしたいですね。そしてお客さまからも行員からも信頼されるテラーになることが目標です。お客さまのニーズを敏感にキャッチして対応し、OKB大垣共立銀行のお客さま満足度向上に貢献したいと思います。

pagetop