OKB大垣共立銀行 新卒採用情報

OKBの仕事

地域経済の活性化を支えるサポート体制

企業の多様なニーズにお応えできる体制を整え、地域経済の発展を支えています。

法人サポート

さまざまな経営課題の解決やビジネスの発展を、高度な専門性を発揮して支援

地方創生に向けて地域金融機関に大きな役割が期待される中、OKBでは法人のお客さまが抱える経営課題の解決やビジネスの拡大を多彩な側面から支援。相続・事業承継、M&A、資金調達、確定拠出年金、医療・介護福祉関連事業、ビジネスマッチング、アグリビジネス、創業・ベンチャーなど、さまざまな課題・ニーズにお応えできる専門チームがあります。それぞれ高い専門性が求められるため、メンバーは自らの知識向上に取り組むとともに、外部の専門家と連携しながらソリューションを提供しています。

常にお客さま目線を忘れないようメンバーにアドバイス
安江 和仁
支店部情報渉外課 平成6年入行 総合職

地域の課題解決型「総合サービス業」を目指すOKBにおいて、私たちの部署は多彩な側面から地元企業を支える役割を担っています。部署内には企業が抱えるさまざまな課題を解決するための専門チームがあり、各支店の得意先(渉外)担当者と協力してお客さまの想いに応えています。
私が担当しているのは、部署全体のマネジメント。各チームが進めている案件について進捗管理や方向性のアドバイスをしています。かつては長年にわたって支店で得意先業務を担当していました。その経験を通じて培った現場感覚を生かして、お客さまの立場にたったサポートができるようメンバーにアドバイスしています。また、各支店の得意先担当に当部署が持つ専門的な知識・情報の広さ・深さを伝え、積極的な活用を促すことも私の役割だと考えています。
法改正があれば頭の中の情報をアップデートするなど、メンバーはみんな日々新たな知識・情報の習得に取り組みながら、お客さまのためにがんばっています。本当に頼もしいですね。異業種研修の経験者が多いこともこの部署の特徴で、みんな銀行の枠にとらわれない視野の広さを持っていると思います。
心がけているのは、聞く耳をしっかり持つこと。日々数多くの相談・報告がメンバーから寄せられますが、一つひとつ丁寧に聞いてアドバイスするよう意識しています。行内において相談や連携がスムーズにできる風通しの良い環境をつくることが、ソリューションチームとしての強さにつながると考えています。

医療・介護分野のお客さまに幅広いソリューションを提供
白川 陽三
支店部情報渉外課 平成18年入行 総合職

医療事業・介護福祉事業のお客さまへのサポートを専門に担当しています。移転・増改築のための資金調達や経営効率化など幅広いソリューションを提供していますが、中でも多いのは、勤務医の先生が独立開業する際のお手伝いをさせていただくケースです。先生のご希望をヒアリングしながら、開業地の選定、患者数がどれぐらい見込めるかの分析、採算シミュレーション、開業資金の調達、事業計画の策定など、トータルにサポートしています。その過程では、建築会社、医薬品卸会社、医療機器メーカー、税理士など、多彩な分野の方と連携しています。
喜びを感じるのは、先生から「無事に開業できましたよ」とご連絡をいただいた瞬間ですね。また、開業によって地域医療・福祉がより充実するわけですから、地域の人々への健康サポートにもつながることにも大きなやりがいを感じています。高齢社会が進展する中、これからさらに重要性が高まっていく仕事だと思います。
どの先生と話していても「お客さま目線でサービスを考える」というOKBのブランドイメージがしっかり浸透していることを感じます。その期待に応えられるよう、これからも知識・経験を積み重ねて、サポートする上での引き出しをより多く、より深くしていきたいですね。それが金融機関の中でOKBを選んでいただくためのポイントになりますから。目指しているのは、医療・介護の分野で地域ナンバーワンのコンサルティングチームです!

pagetop