L'sプロジェクト

ピンクリボンキャンペーン2016

がんばる女性の健康と笑顔のためにL'sプロジェクトはピンクリボン運動を応援しています!

ピンクリボンキャンペーン2016の取り組み

平成28年10月1日(土)~10月31日(月)、OKB大垣共立銀行は乳がんの早期発見・早期治療の大切さをお伝えするため「ピンクリボンキャンペーン2016」を実施しました。

OKB大垣共立銀行本店ビルをライトアップ

平成28年10月1日(土)~3日(月)の3日間、OKB本店ビルをピンクリボンのシンボルカラーであるピンク色にライトアップし、乳がんの早期発見・早期治療の大切さをお伝えしました。

OKBグループ全職員による取り組み

平成28年10月3日(月)、OKBグループ全職員がピンク色のシャツやブラウスなどを着用する「ピンクリボンデー」を実施しました。
また、キャンペーン期間中、ピンクリボンのシールをネームプレートへ貼付しました。

乳がん触診モデルなどの設置

期間中、一部の店舗にて乳がんについての知識を深めていただけるよう、乳がんの触診を体験いただきました。

ピンクリボン関連資料の配布活動

平成28年10月3日(月)、アクアウォーク大垣や岐阜駅・名古屋駅周辺にて、乳がんに関する情報を掲載した情報紙「パディントンTIMES Ladies」などをお配りし、乳がんの早期発見・早期治療の大切さをお伝えしました。
また、勝川駅周辺では春日井市と合同で配布活動を行いました。

乳がんについて

女性がかかりやすいがんの第1位は乳がんです。約11人にひとり

30歳になったら要注意!乳がんの罹患率は30歳代から増加し、40歳代後半でピークを迎えます。決して人ごとではありません。

セルフチェックを定期的に行うことが大切です。30歳以降は定期的な検診をおすすめします。
まずは自分のカラダをしっかりチェックしてあげましょう。

お話をお聞きしたのは…

ココカラウィメンズクリニック院長
名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員長

伊藤 加奈子先生

PROFILE

愛知医科大学医学部卒業。女性専用の統合医療クリニック「ココカラウィメンズクリニック」を開院。幅広く女性の健康をサポートしている。

乳がんを早期発見するために、あなたはセルフチェックをしていますか?

月に1度、生理が終わった4〜5日後がおすすめです。

鏡の前で

腕を高く上げたり両腕を腰に当てて乳房、乳頭を観察します。

入浴時に

乳房や乳首をしぼるようにして、乳首から分泌物が出ないか調べます。
その後、乳房に石鹸などをつけて滑りやすくし、4本の指を乳房に当て何度か滑らせ両脇の下のリンパ節も調べます。

仰向けに寝て

背中の後ろに枕などを当て、体を傾けたとき、乳房が左右にずれないようにし、乳房全体を触ります。

気になる症状がないかチェック!

チェック項目

ひとつでも該当する項目があったら、“乳腺外科”を受診しましょう。

チェックシート

乳がん検診を受けましょう

市町村の検診や医療機関で受けられます!

マンモグラフィ検診

専用の撮影機を使ってX線撮影を行う方法です。
触診では診断できないような小さなしこりや、しこりになる前の微細な乳がんの発見に威力を発揮します。

超音波(エコー)検査

乳房に超音波をあて病巣を診断する方法です。
一般的に、20~30歳代の女性には超音波検査をおすすめしています。若い女性の場合、乳腺が密になっており、X線ではしこりを見つけにくいことがあるからです。

監修:名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会

<大垣共立>エルズプロジェクト推薦!女性のための入院保険「フェミニーヌneo」

保険募集指針

お問い合わせ先:エルズプロジェクトフリーダイヤル 0120-054804 受付時間/平日:9:00〜17:00

ページの先頭へ