ためる・ふやす

ハイパー マネーセレクト

一定範囲内で円高リスクを回避。円ベースでの安定した利回りを確保します。

  • 消滅条件付為替予約組合せ型外貨定期預金「ハイパー マネーセレクト」は、外貨定期預金に「円転に関する特約」を組み合わせることにより、為替相場変動リスクを一定範囲内で回避しつつ、円ベースでの好利回りを目指す商品です。ただし、外貨償還となり、元利金を外貨でお受け取りいただく可能性もあります。
  • 大垣共立銀行が真にやむを得ないと判断する場合を除き、原則中途解約(お申し込みの撤回を含みます。以下同様。)のお取り扱いはしておりませんのでご注意ください。大垣共立銀行が中途解約を認める場合には、大垣共立銀行所定の計算方法を使用して算出した円貨建てによる損害金を直ちにお支払いいただきます。このため、元利金を円転させる際の為替相場水準によっては、損害金差し引き後のお受け取り金額が当初お預入れの元本円貨相当額を下回る可能性(=元本割れリスク)があります。くわしくは、商品概要ページに記載の「中途解約の取扱」をご覧ください。
  • 本商品には為替相場変動リスクがあります。満期日におけるお受け取りの税引後元利金の円貨換算額が当初お預入れの円貨相当額を下回る可能性(=元本割れリスク)があります
特長
判定相場 満期日の2平日前
東京時間午後3時
の市場実勢相場
円安円高矢印
消滅条件相場より円安の場合
元利金を預入相場と同じ特約相場で円に交換し、円でお受け取りいただきます。
  • 一般的な国内円定期預金に比べ、円ベースでの高利回りが確定します。
  • ただし市場実勢相場が預入相場以上の円安となった場合でも、為替差益は得られません。
消滅条件相場と同じ、または円高の場合
外貨での元利金受取となります。
満期後に円貨でお引出しいただく場合には、円ベースで元本割れのリスクがあります。
消滅条件相場

消滅条件相場とは満期時の払戻通貨を決める際に基準となる為替相場で、大垣共立銀行があらかじめ複数設定し、お客さまにその中から選択していただきます。特約相場と消滅条件相場の間の設定幅が小さいほど円貨で受け取る可能性は低く(為替予約が消滅する可能性が高く)なりますが、より高利回りを期待できます。逆に設定幅が大きいほど円貨で受け取る可能性が高く(為替予約が成立する可能性が高く)なりますが、金利メリットは限定されます。

ハイパー マネーセレクトお預入れにあたってのご注意・ご確認

  • 外貨預金には為替相場変動リスクがあります。したがって、本預金の受取通貨が外貨に確定した場合、満期日におけるお受け取りの税引後元利金の円貨換算額が当初お預入れの円貨相当額を下回る可能性(=元本割れリスク)があります
  • 本預金の受取通貨が外貨に確定した後、お受け取りの税引後外貨元利金を円にする際(お引出し時)は、為替手数料分を含んだ換算相場「TTBレート」を適用します。為替手数料は、1米ドルにつき1円、1ユーロにつき1円50銭です。
  • 本預金の受取通貨が円貨に確定した場合、満期時に特約相場(預入相場)を超える円安となった場合でも特約相場(預入相場)が適用となるため、為替差益は得られません。
  • 同通貨でのお預入れ、お引出しの場合にも、下記の手数料がかかります。
    対 価 お預入れ お引出し
    外貨現金 キャッシュチャージ
    買取外貨額の1%×TTS(最低1,500円)
    キャッシュチャージ
    売渡外貨額の1%×TTS(最低1,500円)
    外貨T/C (1)メール期間利息(2)リフティングチャージ
    (1)買取外貨額×(TTB-旅行小切手買取相場)
    (2)買取外貨額の0.05%×TTS(最低1,500円)
    外貨建送金 リフティングチャージ
    送金外貨額の0.05%×TTS(最低1,500円)
    (1)リフティングチャージ(2)送金手数料(3)電信料
    (1)送金外貨額の0.05%×TTS(最低1,500円)
    (2)1,500円   (3)電信料2,000円
  • 詳しくは、店頭にご用意している「外貨預金のご案内」(契約締結前交付書面)をご確認ください。
  • 外貨定期預金は、預金保険の対象外です。大垣共立銀行の信用状況に万が一の事態が生じた場合、お客さまが損失を被る恐れがあります。
  • 外国為替市場の動向、金利情勢等によってはお取り扱いを中止したり、為替相場のご提示ができない場合があります。
  • 法令により、お預入れ時、お引出し時には、お客さまの取引時確認が必要となる場合があります。
  • 利息には下記のとおり税金がかかります。
    個人のお客さま:20.315%(国税15.315%・地方税5%)の源泉分離課税
    マル優はご利用いただけません。
    法人のお客さま:総合課税(非課税法人の場合は非課税)
  • 個人のお客さまの場合、為替差益は雑所得として総合課税扱いとなります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。なお、為替差損は黒字の雑所得から控除できますが、他の所得との損益通算はできません。法人のお客さまの場合、為替差損益は営業外損益として計上します。くわしくは、お客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。
  • ご解約いただく場合は、お取引店(=口座開設店)にご来店ください。
  • お申し込み時に、ご本人名義の円および外貨の指定口座が必要となります。
  • 休日のお取引はできません。また、平日の午後3時以降は、お取り扱いできない場合があります。
  • クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 外貨定期預金口座は、毎年3月の当行所定の日において過去2年以上残高がないと、ご使用できなくなります。

(平成29年5月6日現在)

株式会社 大垣共立銀行

ページの先頭へ