ためる・ふやす

これから資産運用をはじめる方へ

リスクにはどういったものがあるのでしょうか

金融商品におけるリスクとは…「収益の不確実性」のことを言います。

主なリスク

価格変動リスク
株式や債券など値動きのある金融商品に投資した場合、価格が変動します。価格が下落した場合は投資元本を割り込む可能性があります。
為替変動リスク
外貨預金や外貨建の金融商品に投資した場合、外国為替相場の変動により外貨建資産の円ベースの価値が変動します。一般に外国為替相場が対円で下落した(円高になった)場合には、価格の下落要因となり、投資元本を割り込む可能性があります。
金利変動リスク
債券に投資した場合、金利変動により債券価格が変動する可能性があります。一般に金利が上昇した場合には、価格の下落要因となり、投資元本を割り込む可能性があります。
信用リスク
債券に投資した場合、発行体の財政状況により利払いや償還金の支払いが遅延したり、支払いが滞る可能性があります。また、投資している債券の格付けの変更により債券価格が変動します。価格が下落した場合、投資元本を割り込む可能性があります。

〜株式とは〜

企業が資金調達のために発行する証券の一つ。
株式を購入した人は、その企業の株主(出資者)となり、企業の経営に参加する権利や企業の利益から配当を受ける権利を取得します。

〜債券とは〜

国、地方団体、事業会社などが、広く一般の投資家から、資金を借り入れるかわりに発行する有価証券のことです。

これらはあくまでも主なリスクであり、この他にもリスクはあります。また、商品によってリスクは異なります。

[個別の商品を検討いただく場合はリスクについてもしっかり理解することが必要です。]

眠っているお金に働いてもらいましょうはこちら

では、リスクと上手に付き合う方法はないのでしょうか?

リスクと上手に付き合うために必要なことはこちら

これから資産運用をはじめる方へ トップはこちら

ページの先頭へ