ためる・ふやす

これから資産運用をはじめる方へ

リスクと上手に付き合うために必要なこと

資産運用は、その方法によって価格変動などのリスクを伴う場合があります。
リスクと上手に付き合う方法はないのでしょうか。

資産運用には3つの大原則があります

(1)長期投資
一般的に、株式市場はその時々の政治・経済情勢や景気などの影響を受けて大きく変動する傾向があります。
しかし、長期で保有することによって変動幅が縮小し、比較的安定したリターンが期待できます。
(2)国際分散投資
特定の国、商品に投資をするのではなく、様々な国や市場に資産を分散させることで、リスクの軽減効果が期待できます。
(3)購入時期の分散
一度にすべての資金を投資せず、購入時期を何度かに分けることによって購入価格を平均化させることができます。

ドルコスト平均法

毎月一定の日に一定の金額を投資することにより「時間を分散」する手法です。
毎月一定の金額で継続的に購入していただく場合、基準価格が安い時は多め、
高い時は少なめの数量をご購入いただくことになります。

購入時期の分散

リスクにはどういったものがあるのでしょうかはこちら

大切なご資金ですので、長期投資・分散投資などコツを押さえた運用を心がけたいものです。

たった1年の投資では運用結果もバラバラですはこちら

これから資産運用をはじめる方へ トップはこちら

ページの先頭へ