インターネットバンキング セキュリティガイド

「スパイウェア」について

「スパイウェア」は、パソコン等の中の個人情報を流出させる、悪質なソフトウェアです。
スパイウェアは、金融機関からのお知らせを装った電子メールの添付ファイルやCD-ROMに混入されています。
パソコン等にスパイウェアがインストールされると、お客さまのスーパーOKダイレクトのご利用情報等が、第三者に送信され、不正な払い出し等に悪用される可能性があります。

スパイウェアをインストールさせる代表的な手口として、電子メールの添付ファイルや、インターネットから入手できるソフトウェア等にスパイウェアを混入させ、パソコン等にインストールさせるというものがあります。
また、スパイウェアを混入させたCD-ROMを『セキュリティに関する大切なソフトです』などと題し、金融機関を装って送りつけ、インストールするよう仕向けるといった手口も報告されています。

「スパイウェア」の被害に遭わないために

セキュリティソフトを最新にする

最新のOSやブラウザソフト、セキュリティ対策ソフトを利用してください。

誰でも利用できるパソコンでのインターネットバンキングのご利用は控える

インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用できるパソコンはスパイウェアが仕込まれている可能性があります。

心当たりのないメールを開かない

メールを開いただけでスパイウェアがインストールされてしまうケースがあります。

振込限度額を設定する

お客さまが設定した1日あたりの振込限度額を超えた振込などを制限し、万一の際に第三者による口座不正利用の被害額を抑えることができます。

メールアドレスを登録する

メールアドレスをご登録いただくと、振込手続きがあった場合にお知らせメールを配信いたします。お客さまの身に覚えのない振込手続きがあった場合、早期に気づくことができます。

関連項目

ページの先頭へ