インターネットバンキング セキュリティガイド

電子署名付き電子メールとは

スーパーOKダイレクトまたはOKメイト・WEBで大垣共立銀行からお送りする電子メールは電子署名を付与しています。
電子署名を付けることにより、以下の点について確認できるようになり、「フィッシング詐欺」等への対策として有効な手段となります。

  • (1)電子メールの送信者が、確かに大垣共立銀行であること
  • (2)電子メールの内容が途中で改ざんされていないこと

電子署名付き電子メールを受信の際は、以下の点についてご確認ください

  • (1)セキュリティ等の警告が出ていないこと
    セキュリティ警告が出たメールは不正なものである可能性が高いため、開封しないでください。(詳細は電子署名付き電子メールの確認方法をご覧ください)
  • (2)電子メールの送信元アドレスが「super-ok-direct@okb.co.jp」または「okmate-web@okbnet.ne.jp」であること
  • (3)電子証明書の発行元が「Symantec Class 3 Organizational CA - G2」となっていること
  • (4)電子証明書の発行先が「The Ogaki Kyoritsu Bank,Ltd.」となっていること

ご注意

  • 電子署名の確認には、お客さまがご利用しているパソコンのメール受信用ソフトがS/MIME(インターネットで標準的に使用されている電子メールの暗号化方式)に対応している必要があります。 スマートフォン等、S/MIMEに対応していないメールソフトをご利用の場合、メール本文は表示されますが、「simme.p7s」という添付ファイルが添付されます。
  • 携帯電話向けの電子メールについては、電子署名に対応した携帯電話会社・機種がありませんので電子署名を付けずにお送りいたします。

以上

ページの先頭へ