重要なお知らせ

暴力団排除条項の導入に伴う各種預金等規定の改定のお知らせ

当行は、政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)等を踏まえ、平成22年8月11日より、普通預金規定、当座勘定規定、貸金庫規定に暴力団排除条項(暴力団等の反社会的勢力を排除する旨の条項)を導入致しました。

今般、貯蓄預金、納税準備預金、各種定期預金、財産形成預金、通知預金、譲渡性預金、定期積金、外貨預金、国債等公共債、投資信託においても平成23年3月7日より導入することといたしました。

本条項は、預金者や契約のご本人等が、暴力団等の反社会的勢力であることが判明するなどした場合には、当行の判断により契約を解約させていただくことを定めた条項です。

改定後の新規定は、すでにお取引いただいているお客さまに対しても適用されます。

なにとぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

各規定の新旧対照表

ページの先頭へ