重要なお知らせ

平成23年11月14日(予定)から、金額1億円以上の振込(給与・賞与を除く)に関して、国内の銀行間における決済の仕組みが変わります

1.決済の仕組みの変更

全国銀行データ通信システム(以下、「全銀システム」)は、国内の銀行をオンライン・ネットワークで接続しており、お客さまが取引銀行から別の銀行の口座に振込を行う場合には、全銀システムを経由して、受取人の銀行へ入金の依頼が行われ、入金が行われます。
現在、この振込資金は入金時点では受取人の銀行が立替えており、振込指定日の夕方に銀行間ですべての振込資金をまとめて決済しています。
一方、国際決済銀行(BIS)は国際基準を策定し、決済リスクの削減のためにこの立替えを減らすべく、世界的に取組を進めています。
全銀システムでは、この国際基準への対応として、平成23年11月14日(予定)から、1件あたり1億円以上の振込(給与・賞与を除く)について、立替えではなく、取引毎に銀行間で資金決済を行った後に、受取人の銀行に対して入金依頼を行うように取扱いを変更します。
(お客さまのお振込依頼の手続方法については、現在と変わりません。)

2.お客さまへの影響

決済の仕組みの変更に伴い、平成23年11月14日(予定)以降は、他の銀行からの金額1億円以上の振込(給与・賞与を除く)入金は、振込指定日の午前9時5分以降となります(※)。
このため、現在、振込依頼を振込指定日の前営業日以前に行われている場合は、入金時刻が遅くなる場合があります。

※12月を除く月末日は午前8時35分以降となります。

ページの先頭へ