重要なお知らせ

貸付自粛制度の開始に伴うカードローン契約規定の一部改定のお知らせ

2019年3月29日(金)から、全国銀行協会の全国銀行個人信用情報センターにおいて「貸付自粛制度」が開始されることに伴い、当行で取扱っているカードローン商品の一部について、全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会に申告された方が、新規の貸越を利用できないようにするために必要となる規定の改定を行います。

今後は、改定後の新規定が適用されますので、なにとぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

貸付自粛制度とは

ご本人が、自らに浪費の習癖があることやギャンブル等依存症により、ご本人やその家族の生活に支障を生じさせるおそれがあることなどの理由によって、自らを「自粛対象者※1」とする旨を全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会に申告することにより、申告された貸付自粛情報を、(株)日本信用情報機構、(株)シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターに登録し、一定期間、各情報機関に加盟する金融機関に対してその情報を提供する制度※2です。

  • ※1. 「自粛対象者」とは、ご本人が金融機関等に対してお借入れの申込をされても、これに応じないこととするよう求める対象の個人をいいます。
  • ※2. 貸付自粛情報は、各情報機関に加盟する金融機関等が、契約者(申込者)の支払能力に関する調査のために利用します。

各規定の新旧対比表

ページの先頭へ