企業情報

社会貢献活動について

「地域に愛され、親しまれ、信頼される銀行」
この基本理念が示すとおり、地域に生まれた大垣共立銀行にとって、地域の発展に資することこそが私たちの社会的責任です。大垣共立銀行は、1996年にOKBグループ職員で構成する社会貢献推進委員会を発足し、発足後20年目となる2016年に「OKB社会貢献クラブ」と名称を変更し、当クラブを中心として地域に真に役立つ活動を自主的に行っています。

OKB社会貢献クラブスローガン「『和』 笑顔が続く未来への架け橋~私たちの手で社会貢献ソリューション~」

キャプテン挨拶

地域の未来をしっかりと見据え、人と人とが向き合い、温かみのある交流ができる場を積極的に提供することで、地域活性化に貢献していきたいと思います。また、地域に対する感謝と思いやりの気持ちを忘れず、笑顔を分かち合えるような活動を展開していきます。

OKB社会貢献クラブキャプテン 末永 美香

2018年度の活動内容

特別支援学校との共同制作活動

特別支援学校の生徒さんと絵画(ちぎり絵)の制作活動を行っています。“生徒さんが自立するための力になりたい”という想いを持ち、交流を図りながら一緒に制作することで、充実感や達成感を味わっていただけるように取り組んでいます。

介護施設におけるレクリエーションボランティア

介護施設におけるレクリエーションのサポート活動として「バルーンアート交流会」を開催しました。レクリエーションを通じて入居者との交流を図るとともに、介護施設の人手不足解消の一助となることを目指し、活動しています。

OKBフレンズ

2014年に開始した特別支援学校の部活動サポート企画です。多くのOKBグループ役職員が、生徒さんと部活動を通じてコミュニケーションを図り、親交を深めています。

2017年度の社会貢献活動の実績

新たなる地域との繋がり

OKB創立110周年を機にスタートした「エリアごとの社会貢献活動」です。OKBの営業エリア各地で、OKBグループ役職員が活動しています。

2017年度「新たなる地域との繋がり」活動実績詳細(PDF:1.1MB)

ページの先頭へ