重要なお知らせ重要なお知らせ

ピンクリボンキャンペーン2021

OKBのL'sプロジェクトは、毎年10月に乳がんの早期発見・早期治療の大切さをお伝えするため、ピンクリボンキャンペーンを実施しています。「自分のカラダのことを見つめ直すきっかけになれば」そんな想いを込めて、今年は”FabCafe Nagoya”と"Bistro ブーコ"とともにピンクリボンキャンペーンを実施します。

With"FabCafe Nagoya"
  • 名古屋市のRAYARD Hisaya-odori Park内にある「FabCafe Nagoya」(運営:株式会社 ロフトワーク、株式会社 OKB総研)にて、ピンクリボンのシンボルカラーにちなんだピンク色のドリンクやデザートを味わうことができます。
  • いちごプリン、いちごのレアチーズケーキにはOKB農場産のいちごピューレが使用されています。

 

※リンク先は大垣共立銀行のホームページではありません。

詳細はこちら

With"Bistro ブーコ”
  • 大垣市にあるカジュアルフレンチレストラン「Bistro ブーコ」(運営:株式会社 明星)にて、がん予防に効果が期待される食材を使った料理を楽しむことができます。
  • キャンペーン期間中、店頭に募金箱を設置します。“対象メニューの売り上げの一部”や“募金箱に集められたお金”は、名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会に寄付され、乳がんの啓発活動に役立てられます。

 

※リンク先は大垣共立銀行のホームページではありません。

詳細はこちら

全社一斉ピンクリボンデーの実施

2021年10月1日(金)

OKBの社員がピンク色のマスクや服などを身につけ、お客さまをお迎えします。

ピンク色の折り紙でOKB店舗を装飾

キャンペーン期間中、OKB工房で製作したピンク色の折り紙をOKB店舗に飾り、お客さまをお迎えします。

  • OKB工房とは

障がいのある方の自立支援と地域貢献を目的とした事業所で、OKBの店舗で使用する装飾品やノベルティなどの製作を行っています。

OKB本店ビルをライトアップ

キャンペーン期間中、OKB本店ビルをピンク色にライトアップし、乳がんの早期発見・早期治療の大切さをお伝えします。

・緊急事態宣言などの状況により、中止となる場合があります

知ってほしい・・乳がんのこと

(監修:名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会)

乳がんのできやすい部位
  • 「約9人に1人が乳がんに」女性がかかりやすいがんの第1位は乳がんです。
  • 左右の乳房とも上部外側に最もがんができやすく、続いて上部内側、中央部、下部外側、下部内側になります。
乳がんの兆候を示す症状
  • 進行とともに乳房のしこりを筆頭に以上の症状が現れます。
  • どれか一つでも思い当たることがあれば、自己判断で終わらせずに、専門医に相談して必要な検査を受けることが大切です。

セルフチェックの方法

  • 乳がんは早期発見・早期治療で90%以上の人が治るといわれています。
  • 早期発見のために、毎月のセルフチェックと定期的な乳がん検診を

~2年に1度は検診を受けましょう~

 

1.入浴時に

乳房や乳首をしぼるようにして、乳首から分泌物が出ないか調べます。その後、乳房に石鹸などをつけて滑りやすくし、4本の指を乳房に当て指を何度か滑らせ両脇の下のリンパ節も調べます。

2.鏡の前で

腕を高く上げたり両腕を腰に当てたりして乳房、乳頭を観察します。

 

3.仰向けに寝て

背中の後ろに枕などを当て、体を傾けたとき、乳房が左右にずれないようにし、乳房全体を触ります。

  • 生理が終わった4~5日後がおすすめです。閉経後の方は毎月、日にちを決めて行ってください。
  • セルフチェックで異常を感じたら乳腺外科の診察を受けましょう。
  • 生理前など乳房が張っているときは避けて、張っていないときにセルフチェックを行うとよいです。
OKB大垣共立銀行「L'sプロジェクト」フリーダイヤルOKB大垣共立銀行「L'sプロジェクト」フリーダイヤル
フリーダイヤル

0120-054804(レディーゴーしあわせ)

[受付時間]平日 9:00~17:00